膨大な残薬が問題になっている。責任の大半は医者側にあると思う。残薬があるのを医者に正直に言えないのは、忙しいからではなく、患者との信頼関係を作ってこなかった医療側に責任の大半があるからだ。もう一つの罪は、患者の訴えに安易に薬を処方すること。飲み方が複雑な多種類の薬を高齢者に処方すれば、残薬が出るのは当然だ。医者自身が患者になった場合にそのことは自覚している。にもかかわらず薬を追加するのは、その方が簡単で、短時間で患者を納得させられるからと思う。多種類の薬を処方されている患者が具合が悪くなると、新しい病気を考える前に薬の副作用を先ず考えるべきです。残薬の多い患者は薬の減量と中止が可能かどうかを考えるべき患者である。薬の減量、中止は手間がかかる上に評価されないので、真面目に取り組む医者が少ないのでしょう。薬を減らす医者は良い医者です。