神戸大学の全陽先生は日本の肝臓病理学を背負う若きリーダーです。講演もスマートで良く理解できました。琉大の研修医も参加して遅くまで盛り上がりました。